アプローチがリビングの前を通る! エクステリア・外構工事、ポイント&タブー集

アプローチがリビングの前を通らなくてはならない。。。敷地と間取りの関係上、どうしてもそうなってしまう場合があります。リビングでくつろいでいると、窓の外をお客さんがリビング前にアプローチ 通って来ることになり、くつろぐどころか、気を使ってしまい、せっかくのくつろぎの空間が台無しです。

アプローチに飛び石 エクステリア・外構工事、ポイント&タブー集

工務店やハウスメーカーの設計図で、たまに、アプローチに飛び石が計画されているのをよく見かけます。この場合、住宅の設計が主で、外構の設計は特に重要と考えていないことから、アプローチに飛び石が計画されているのだと思いますが、これは、このまま施工しては大きな間違いの元となってしまします。

門袖の外開き内開き!エクステリア、外構工事ポイント&タブー

なぜ、塀に付ける門扉は『内開き』かといいますと、例えば、門扉を道路いっぱいに付けたとします。すると、家の中から扉を外に開けると、道路に扉が出てしまいますね。もしここに、車が走ってきたらとっても危険です。最近は、住宅を敷地いっぱいに建てることが多く、門扉を内側に開ける敷地的余裕が少ない家が増えてきました。

みしま竹あかり2013

2013年のみしま竹あかりは、三島市造園緑化協会で請け負わせていただき、弊社の武井基次がデザイン、プロデュースいたしました。第1回目にプロデュースさせていただいて、その際に武井が命名した「みしま竹あかり」。また携わる事が出来るということで、そしてまた今回は世界の富士山となった「富士山」と「三島傘」がテーマ