境界の塀の内と外のバランス エクステリア・外構工事ポイント&タブー集

境界の塀で注意しなくてはならないことに、外側(道路側)と内側の高さが違う。

という事があります。

宅地のほとんどが道路より高くなっていますので、その段差が内と外のバランスに影響してくるのです。

例えば、宅地が道路より30㎝高いとします。基礎を作ってブロックを積み50㎝の塀を作

り、80㎝のアルミフェンスを取付けます。

道路からは丁度良く見えますが、内側から見ると30㎝の段差のためブロックは20㎝しか見えないのです。

そこに80㎝のフェンスですからアンバランスに見えます。境界塀の高さ例

というように、片側からのことばかり考えて施工すると、思わぬ失敗をしてしまう事があります。様々な視点でエクステリアプランをたてましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする