車椅子利用のスロープの勾配 エクステリア・外構工事、ポイント&タブー集

高齢化社会に伴い、エクステリア、外構プランのバリアフリーのエクステリア、外構プランも

多くなってきました。スロープのこう配

そこで、スロープの勾配についてお話します。

車椅子の自力で上がれる勾配は、1/20が最高です。

10㎝上がるのに2m必要になるという事ですね。

通常敷地における段差は30㎝くらいですから、その場合は6m必要になることになります。

スロープが長くなる場合には、途中に1.5mくらいの平坦な踊り場があると助かります。

1/19以上の勾配になると、車椅子では付き添いが必要となるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする