門袖と門扉のバランス エクステリア・外構工事、ポイント&タブー集

門扉に門扉を付ける場合、一番気を配りたいポイントはバランスです。

門扉の高さと幅のバランスもありますが、門袖の高さと門扉の高さの微妙な差が、門全体のバランスに大きく関係してきます。

バランスよく、門袖は門扉より10㎝~20㎝高く作りましょう。門扉と門袖のバランス

門袖が門扉より低いのはいけませんが、

門袖が高すぎてもいけません。

差が30㎝以上あると塀が高すぎてバランスが悪いので避けましょう。

それから、もう1つ。バランスに関して重要なのは材質です。

アンティークな鋳物の門扉を付けたいと思ったら、鋳物に合った塀を作らないと、

これまたバランスが悪くなってしまいす。

コンクリートブロックに鋳物の門扉を付けるなんて事のないように、デザイン性、材質、予算配分等の外構計画もしっかり立てましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする