階段の寸法 エクステリア・外構工事、ポイント&タブー集

アプローチには階段がつきものですね。

img-gate05

なぜ、アプローチに階段がつきものかといいますと、建物を建てるときに、排水設備の関係と道路からの水の侵入防止のため、敷地を道路より高くするからです。

さて、その階段の寸法について考えてみたりした事はありますか?

家の中の階段の大きさを思い浮かべてください、、、外構・エクステリア工事 階段

おそらく踏み面は25㎝、高さは20㎝前後の急な階段ではないでしょうか。

これをアプローチに作ったら、、、、?

外の階段ですから雨で濡れることもありますから、これでは滑って大変危険です。

踏み面は靴が完全に入る30㎝以上、高さは15㎝以下にしょましょう。

ちなみに、緩やかな方が良いだろうということで、踏み面を広くしすぎても、歩きづらくなります。

安全な階段は、人間の歩幅のリズムを崩さない階段ですので、その点から言えば不規則な階段は避けた方が良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする